レトルト殺菌器RKZⅡシリーズ理化学用

トップページ >  レトルト殺菌器 >  RKZⅡシリーズ

RKZシリーズ

弊社独自の一次加熱工程

一次加熱工程によるF値のバラつきを大幅抑制

従来型の竪型レトルト殺菌釜では実現できなかった伝熱のバラつきを弊社独自の一次加熱工程を設けることで大幅に抑制しました。均一な殺菌処理の実現と品質の偏りを抑えます。
(左の画像をクリックすると拡大写真が表示されます)

60〜121℃の高圧蒸気殺菌〜加圧冷却

パウチ、ゼリーパック、ガラス瓶または缶などにパックされた(液状)食品等を、60~121℃の高圧蒸気殺菌~加圧冷却が1台で、ムラなく安全・確実にできます。

デジタル記録計が標準装備

容器包装詰加圧加熱殺菌食品の製造基準、食品・添加物の規格基準(厚生省告示題370号)に基づく運転ごとの温度記録がデジタルで記録可能です。

F値制御運転が可能

レトルト殺菌の必要条件であるF値計測のみならず、設定したF値になると運転が完了する『F値制御運転』が可能です。様々な殺菌物に合わせた設定条件を見出すために有効です。

ソフトな加圧冷却方式

スプレーノズルからのシャワーによるソフトな冷却方式で、フィルムにしわ・変形ができません。

簡単操作

運転はボタンを押すだけの全自動です。給水~排水も自動で行います。

追加購入品は、殺菌物の携帯に合わせたカゴのみ

レトルト殺菌に必要な機能はすべて含まれており、殺菌物の形態、挿入方法に合わせたオプション(カゴ、トレー等)を追加するだけで使用可能です。